希少部位の特徴

カメノコ

断面が亀の甲羅に似ていることから、カメノコと呼ばれております。シンタマと
いう部分の中で、一番赤身が濃くあっさりとしております。水分の多い部位ではありますが、
焼きすぎると硬くなるので、レア気味でのお召し上がりがお勧めです。

シンシン

内ももの更に内側にある、柔らかい部分です。シンタマという部分の中心部
に位置している事から芯々(シンシン)と呼ばれています。キメが細かく、赤身の中に綺麗
に霜の降った濃厚で柔らかい味わいです。

イチボ

腰辺りのモモ肉のうち、下側の柔らかいお尻の部分です。お尻の骨がH型をし
ている事からH-boneと呼ばれ、それが訛ってイチボと呼ばれるようになったと言われて
います。運動を重ねている部分のお肉で脂肪分は少なめですが、まろやかで甘くやわら
かい赤身のお肉です。

ランプ

モモの最上部にあたるサーロイン後方の腰部分に位置する、キメが細かく柔ら
かい赤身のお肉です。鉄分が多くヘルシーで、クセもなく、あっさりとしたお肉の味が楽し
めます。

トモサンカク

シンタマの一部で、モモ肉の中で一番霜が降っており、味わい深く、とて
も柔らかいお肉です。トモサンカクに含まれる脂身は上品な脂分であるため、霜がしっか
り降っていても、ロース特有のお肉本来の味の濃さも同時にお楽しみ頂けます。

カイノミ

貝の形に似ている事から、そう呼ばれるようになったカイノミ。赤身と霜のバラ
ンスが良く、バラ肉ではありますが、ヒレの隣に位置しているので、あっさりとしながらもコク
のある旨味をお楽しみいただけます。まさにバラ肉とヒレ肉の良いとこ取りです。

フランク

お腹に近い方のあばら肉の一部です。カルビらしい食べ応えで、濃厚であり
ながらもクセが無く、なのにあっさりとお召し上がりいただける部位です。

三角バラ

肋骨周りの上部のお肉で、切り取った形が三角形をしている事から、こう呼
ばれています。霜がしっかりと降っているので、牛の大トロといったところです。

サガリ

横隔膜の一部分。同じく横隔膜の一部分であるハラミと比べても、脂が少なく
ヘルシーなので、あっさり召し上がって頂けます。

お肉箱は産地ではなく、黒毛和牛自体にこだわり、その時々の高品質な部位を仕入れております。そしてご用意したのは定番のセットと、希少部位のセット。
定番が上タン塩、ロース、カルビ、ハラミ、トントロの5種。希少部位がカメノコ、シンシン、イチボ、ランプ、トモサンカク、カイノミ、フランク、三角バラ、サガリの中から、その時に厳選したオススメ部位を5種。そんな旨味の牛っと詰まったお肉箱を全国にお届けします。

お肉の一覧を見る